丁子屋 トップ画面へ



お醤油紹介のページへ お知らせ 会社概要 商品案内 ギフトセット つゆの出来るまで 送料について 醤油FAX用紙 リンク集
店舗案内 レシピ集 プチギフト お試しセット 丁子屋の歴史 お読み下さい つゆFAX用紙 お問合せはこちら






2006 かごしまの新特産品コンクール
鹿児島県特産品協会理事長賞を受賞致しました!!

           

         かごしまの
     新特産品コンクールホームページへ

丁子屋 つゆが出来るまで

始まりは1987年の夏、加世田市(現南さつま市)にて『吹上浜 砂の祭典』が行われた際、実行委員会より「祭りで振舞うそうめんに合うつゆを・・・」との要請を受け作ることとなりました。そこで、社長を交えた商品開発部は期待に応えるべく自社製品にアレンジを加え、試行錯誤の末、「つゆ」を製作致しました。
初めての試みでどのような反応が返ってくるか分かりませんでしたが、蓋を開けてみると予想以上の好評を博し、方々から賞賛の声を頂き、わたくしたち自身が驚いた次第でありました。
本格的な商品化はその翌年、だしにこだわり改良や吟味を重ね、ひとつの味を導き出し、お客様の元へと届けられるようになりました。
その味わいは良質なかつお・えびのだしによる豊かな風味でめんつゆはもとより、天つゆ・丼物・煮物などに幅広く活用出来ます。
また、今年6月より刷新したラベルデザインは、主催のコンペより採用・実現化したもので、各方面より多大なる支持を賜っております。


丁子屋のつゆは、職人さんが1本1本手作りしています。
   ゆっくりゆっくり
      じっくりじっくり・・・

丁子屋 トップ画面へ戻る